日々のできごと


 

日々のできごと 2024


中国から見学者19名来日。

 日本は高齢化率がついに29%を超え、過去最高といわれていおりますが、それは日本だけの問題ではありません。お隣の中国では、2022年に65歳以上の高齢者が総人口の14.9%、なんと2億978万人に達したそうです。また一人っ子政策世代の親が60歳を超えており、抱える問題は日本よりも深刻です。そんな急速な高齢化の進行に伴い、日本の高齢者施設を見学したいと2023年に引き続き、中国から業界関係者19名が見学にいらっしゃいました。

 施設内を見学後、医療体制や集客、人材採用など具体的な質問に社長も短い時間でしたができる限り伝えます。43年間口コミのみで集客してきたと話すと「おー」と拍手していただく場面も。最後は中庭で笑顔で集合写真を撮影しました。

2024.5.16



映画上映会に久田恵さん登場!

 毎月2回行われているシルバーヴィラ映画上映会。今回は当館が舞台となっている映画「母のいる場所」を上映しました。上映告知後すぐに座席が満席になるほど、期待の高さが伺えます。  

   2回目の上映会には、なんと原作者の久田恵さんも駆けつけてくださり、上映後には20年前にご両親と一緒にシルバーヴィラで過ごされた日々の思い出を語ってくださいました。参加されたお客様からは「久田さんの本を読んで入居を決めたのよ!今日は久田さんのお話も聞けてラッキーだったわ」と。

 いつもとは一味違った特別な上映会となりました。 

    久田さん、上映会にご参加いただき有難うございました。

2024.3.23



春の防災訓練

 年2回行っている防災訓練。昨年秋の総合訓練に引き続き、春は停電時に主に人工呼吸器、吸引器等を絶対に止めないよう、各館に備え付けている発電機の使用方法のレクチャーを行い全スタッフが参加しました。全員が周知することで、災害時に誰でも対応可能な状態となることが目的です。

 

2024.3.21



出版OB会の皆様ご見学ツアー

 出版退職者懇談会(通称、出版OB会)の会員の皆様総勢15名が、シルバーヴィラ向山、アプランドル向山の施設見学にいらっしゃいました。出版OB会がいらっしゃるのはコロナ禍を挟んで今回で二度目。施設の紹介動画をご覧いただき、その後社長より「終の棲家」とは何んなのか、そもそも何時が入居適齢期なのか、施設選びで失敗しないポイントなどについて1時間ユーモアを交えて説明しました。その後、館内を見学。

 最後に中庭のミモザをバックに笑顔で記念撮影を行いました。皆さま、他所では聞けないレクチャーに目から鱗と大満足で、「入居するならここね」とおっしゃられお帰りになりました。

2024.3.19



津軽三味線コンサート

   15歳から本場青森県で修行を始め津軽三味線世界大会でA級チャンピョン3連覇を達成!殿堂入りとなり、今や名人級の山中信人さんにお越しいただきました!

 本当は1月に開催予定でしたが、感染対策の影響で延期となりました。がっかりした方も多くいらっしゃいましたが、お忙しい山中さんに改めてスケジュールを調整していただきこうして実現することできました。山中さんには本当に感謝しております。

 コンサートが始まると、三味線の超絶技巧を交えての見事なバチ捌きはもちろんのこと、尺八や歌声も素晴らしく、会場全体が津軽民謡の世界に引き込まれました。演奏の途中で即興演奏が特徴の津軽三味線や津軽民謡の成り立ちを軽妙な語り口で紹介、口で太鼓のリズムをとりながら、歌、三味線と三刀流の演奏まで披露、最後にはそうらん節やじょんがら節、東京音頭をお客様も手拍子で参加し大いに盛り上がりました。

山中さん、またぜひまた演奏していただけるのを楽しみにしております。

2024.3.9



実習生の施設見学

   いつもお世話になっているアスカ薬局さんで、現在実習中の大学4年生、諸井春菜さん(東京理科大学薬学部)が、薬剤師の佐谷怜子さんに連れられシルバーヴィラへ施設見学に来ました。

 高齢者施設に来るのは初めてということで、高齢者施設の体系から介護保険の話など熱心にメモをとりながら聞き、調剤された薬が施設内でどのように管理され、お客様のお膳に乗って運ばれるかを実際に見学しました。アプランドルではお客様たちから「お勉強大変だけど頑張ってね!」とエールが。

 将来の医療を担う諸井さんを私たちスタッフ一同心から応援しています。諸井さん、またいつでも遊びに来てくださいね。

2024.2.10



ビタミンミュージック

   今回で7回目となる「ビタミンミュージック」のコンサートが開催されました。

   「ビタミンミュージック」は二期会の社会貢献グループです。「コンサートホールに行かれない方たちにプロによる本物のコンサートを」と、訪問コンサートの活動をされています。今回はソプラノの森本隆子さん、メゾソプラノの平井淳子さん、ピアノの広森アケミさんが来てくださいました。久しぶりの生演奏にワクワクのお客様52名が大集合。1曲目のオーシャンゼリゼでは、歌詞を「おぉーシルバーヴィラ」に変えて歌ってくださり会場が盛り上がると、懐かしの日本歌曲、「この道」「初恋」、そして会場のお客様と一緒に懐かしの「冬の夜」「春よ来い」など楽しく歌う場面も。ミュージカルソング、オペラなど様々なジャンルの素晴らしい歌やイギリスの作曲家ホルスト作曲「ジュピター」のピアノ演奏が続き、お客様から感動の拍手が!ご自身もピアノを弾かれる宮城様は特にピアノ演奏が素晴らしかったと、コンサート後も大興奮だったそうです。最後は綺麗なドレスから一転し、笑いあり感動ありのミニオペラ「寿限無」。お客様は「やっぱり生のコンサートは最高だわ」「素晴らしかった」と大喜び、感激で涙する方もいらっしゃいました。

    ビタミンミュージックの皆様、素晴らしいコンサートをありがとうございました。

2024.2.10



練馬区民美術展

   第55回練馬区民美術展が2月3日から12日まで練馬区立美術館で開催されました。今年は新たなメンバーも加わり、絵画クラブ12名の方が思い思い描いた力作を出品されました。そして、今年は桑原公子様がとても雰囲気のある優しい絵で見事「努力賞」を受賞されました。おめでとうございます。

 9日(金)メンバー9名が田中先生とともに美術館を訪れ、大きな美術館に飾られた作品を前に、出品出来た喜びと新たな意欲を語られていました。 

2024.2.9



お正月

 2024年お正月。初日の出が登る少し前から厨房では、おせち料理の最終仕上げに大忙しです。どの館も手作りのおせちがお客様の目も味覚も楽しませてくれます。アプランドルでは縁起を担いで折り紙でダルマのネームプレートが添えられ、5号館ではちくわにアスパラとブロッコリーを添えて門松を演出。本館ではお正月のおせつの横にいつものルーティーンのパンや白米も。これがないと朝が来た感じがしないのよ!とのお客様の希望に寄り添ったMYメニューが並びます。

 屋上から朝日を浴びた富士山さんを拝むと、あちらこちらで新年の笑顔が溢れます。  毎年恒例のかるた大会やボーリング、輪投げなどイベントに加え、今回はゲーム大会が行われ坊主めくりや高月様のハーモニカ演奏にロビーは大盛り上がり。素敵なお正月になりいました。

2024.1.3