日々のできごと


和太鼓コンサート

「日本各地を巡り和太鼓祭り旅」秩父屋台囃子に豊年太鼓などなど。素敵なお嬢さん6名とそのパパからなる「七人衆」そして笛の先生の8名による和太鼓のコンサートが行われました。揃いの赤いハッピ姿が実に格好良く、リズミカルに体中に伝わってくる力強い太鼓の音が会場一杯に響き渡り、集まった90名程のお客様の心を捉えます。思わず椅子から立ち上がり、壁際立ち見席に移ったハネダ様曰く「素晴らしい!芸術だわ!ちゃんと見渡せる所で聴かなきゃ」と。お祭り大好きサナダ様も太鼓を叩き大満足。演奏を終え額に汗が・・・、あら?会場の皆様も体がポカポカに。パパこと渡邉淳様はアプランドルにご入居のお客様のご長男です。素晴らしいコンサートを本当に有り難うございました。

2018.1.20



お弾き初め

   新春を寿ぐお弾き初めの会が、昨年末完成したばかりの、広く真新しいロビーで華やかに開催されました。

例年どおり素敵なお着物姿で安斉先生はじめ先生方がうち揃われ、ロビーはお客様で満員。お三味線の演奏に合わせ、日本列島北から南まで、歌い継がれてきた民謡を、タップリ1時間、皆様で歌い上げました。着物姿で美しく凛とした先生方による「お弾き初め」は、新たな一年の始まりを実感させてくれます。今年も民謡を通し皆様が元気になられますように、よろしくお願い致します。

1月6日



「新春」2019年

   澄み切った青空の中、2019年がスタートいたしました。富士山が屋上からはっきりと見える縁起のいい朝。今年も新年をお祝いするおせち料理が食堂に並びました。あちらこちらでお祝いの挨拶が聞こえる中、社長、施設長の全お客様への「ご挨拶回り」からイベントが本格的にスタート。袴姿の社長にお正月気分もグッと盛り上がりました。

 今年の今年の百人一首大会は外部の方も加わったこともあり皆本気の本気、あちらこちらのテーブルで、下の句を読み上げる前に札が飛ぶ激戦が繰り広げられました。

 ボーリング大会はインフルエンザを心配しシルバーの方々は不参加でしたが、アプランドルの皆様が元気に参加、両端に残った難しいピン3本を見事にスペアに取った橋本さまに皆ビックリ、大きな歓声と拍手が湧きました。 

 カラオケ大会はやはりインフルエンザの心配が残ったため延期と致しました。大会目指して練習していらした方には是非次の機会で実力を発揮していただきます。

 5号館での輪投げ大会は、ヘルパーさんが三角コーンやお菓子も並べ、一生懸命お客様の関心を誘い、大勢の方が参加されました。勢いよく投げられる方、なかなか輪が手から離れない方、輪を頭にかぶってしまう方、それぞれでしたが皆笑顔の素敵な時間でした。

  

2018.1.5



クリスマスディナー

   いよいよアプランドル・クリスマス・ディナーパーティーです。レストラン「オステリア・カッパ」鴨野シェフのお料理。天井はモールで飾られ、テーブルは赤い模造紙がかけられ、その中央にキャンドルを灯し、始まり始まり!お食事をいただきながら、英語クラブの方、大津様、青柳様、八木様、コーロベルタの方々の素敵な歌。大場様、高月様ご夫妻によるキーボード、ハーモニカ、歌の素晴らしい共演、玉置様、羽田様、中村様による「男はつらいよ」ではさすがの名演技を披露。水谷様、川村様は衣装も凝って「洒落男」、社長も登場し大受け拍手喝采。高松先生の美しい独唱。ヘルパーさんのフラダンスにサンタ姿の黒子様が登場し、力を振り絞り「ホワイトクリスマス」を笑顔で熱唱。讃美歌の会の皆様によるベル「牧人ひつじを」。そして、ビンゴゲームで最高潮。「聖しこの夜」を全員で合唱し、2時間半に及んだパーティーは、皆様笑顔でお開きとなりました。

2018.12.23



クリスマス忘年会

   朝からの雨もやみ、お陽様が顔を出しました。2018年を締めくくる恒例のクリスマス忘年会です。いつもと違うのは、このロビーを使う最後のクリスマス会と言うことです。天井から吊された何本ものちょっとヨレヨレしたモールがキラキラ光り、何とも愛おしく感じられます。「諸人こぞりて」で始まりミュージックベルや歌、バイオリンとピアノのデュオ、器楽演奏、へルパーさんのサンタ等々。締めくくりは学ランの社長とセーラー服にかわいいお下げ髪の会長のよる歌劇?悲劇?喜劇?「明日があるさ」「明日がある、明日がある、来年もあ~る~さ~!」と楽しい時間はあっという間、みんな笑顔でお開きになりました。来年の行事は新館ピカピカのロビーで行います。

 2018.12.12



第一友の会の皆様来訪

 今年もアプランドルで毎週行われている賛美歌の会に、第一友の会の皆様が参加されました。小学生5名と保護者の皆様が加わり一足早いクリスマス。小学生がマイクを回しながら一人一人一生懸命に聖書を読み上げ、みんなで賛美歌を歌い、ミュージックベルの練習をし、アプランドルのロビーは幸せでいっぱいになりました。手作りのクリスマスカードと手作りのクッキー、有り難うございました。また来年、楽しみにお待ちしています。

 2018.12.2



「コーロ・ベルタ」の皆様コーラスを披露

 秋真っ盛り、紅葉や灯台つつじが美しく紅葉した向山庭園「秋の文化発表会」に、今年もコーロ・ベルタの皆様が出演されました。皇后陛下が作詞された「ねむの木の子守歌」宮崎駿監督「天空の城ラピュタ」のテーマソング「君をのせて」にも初挑戦。昨年とメンバーが少し入れ替わられましたが、今回も素晴らしいハーモニーをご披露くださいました。会場は満員、いらした方も「さすが発声が違うわね!」と。毎晩練習された成果ですね。

 2018.12.2



深川とっくり座

   色とりどりの大道具ですっかり芝居小屋と化したロビー、今日のお題は「丹青の花入れ」。古道具屋に「花入れ」を探しに登場したのは、紫色の着物をまとった花小路流生け花の師匠。髪をうずたかく結い、花をあしらい、迫力満点。劇団員の皆さん一人一人が個性的に熱演し、舞台一杯に繰り広げられるお芝居。たまたま持ち込まれた尿瓶を由緒ある壺と勘違いし大騒動。ユーモアタップリのストーリーは、とっくり座団長の樋口丹青さん作。お客様も団員の方も「楽しかった〜!」と、それぞれに楽しい一時でした。

2018.11.01



ハロウィンイベント

 「ハッピーハロウィ〜ン」天使、魔法使い、アニメキャラクタードラキュラと、思い思いの仮装に身を包み登場したのは、向山小学校学童クラブの1〜3年生31名。子どもたちはステージに上がると、「世界に一つだけの花」を振付で歌ってくれたり、音楽に合わせて楽しく踊りやけん玉、皿回しを披露してくれたりと、会場を盛り上げてくれました。また子どもたちからは、「好きな歌は何ですか?」や、「子どもの頃の遊びは何ですか?」など質問も。「鳩ポッポを歌ったわ」「かくれんぼで遊んだよ」と伝えると、「知っている!」「聞いたことない」など子どもたちも応えました。最後は「夕焼けこやけ」の大合唱。帰り際には、笑顔で子どもたちがお客様とハイタッチ。来年も楽しみです。

 

2018.10.25



川原井泰江30周年記念演奏会

 ふわふわの袖、ふっくら広がるスカートの真っ白なドレスでお姫様のように登場された川原井泰江先生。なんと今回は「30周年記念演奏会」。シルバーヴィラがオープンして間もない頃、祐子会長から「歌ってみたら?」と誘われドキドキで歌われたのが始まりです。ピアノは学生時代から一緒に活動されている高木愛子先生。息がぴったりのお二人で「この道」「からたち」「鐘がなります」と思い出の歌に続き、会場の皆様もマイクを回されると臆することなく皆様思い切り大きな声で歌われ、「見上げてごらん夜の星を」「ふるさと」アンコールの「夢路より」までタップリ15曲、素敵な歌声がロビー一杯に広がりました。

 

2018.10.21



避難訓練

 今年も毎年恒例の練馬警察署による指導と誘導で防災訓練を行いました。当日は、河原警備課長、菊原防犯係長をはじめ、警備、防犯、交通の各部門から6人の警察官が来館し、防災講習、防犯講習の後、東京都指定避難場所の豊島園遊園地裏口までの避難訓練を行いました。この日は東京家政大学の実習生6名も参加し、お客様が真剣にお話を聞く姿に触れ、学生さん自身も「詐欺の悪質さや11秒が命を左右する避難の大切さを学ぶことが出来、大変貴重な経験でした。」と話されていました。

2018.10.03



台風で翌日に延期、それでも多くの方に来て頂きました!

 毎年恒例、シルバーヴィラ向山バザーが今年も開催されました。大型で勢力の強い台風24号の接近に伴い、お客様の安全を考慮し直前で翌日に延期しました。そのため、お客様に来ていただけるか心配しておりましたが、当日は晴れ晴れとした青空のもと、ご近所の方をはじめ多くの方に来ていただき大盛況となりました。「ステキなカーディガンを見つけたの!」「あら、私ももう一回見てくるわ〜」と楽しそうに会話されるお客様。いつものお菓子も今日は特別価格のほか、外では厨房スタッフ自慢の焼き鶏や具だくさん特製焼きそばを販売しておりましたが、ほんの1時間ほどで完売となり今年も大成功となりました。

 毎年バザーの売り上げは、全て災害時の非常食の購入代金として使われます。品物をご提供くださった皆様、本当にありがとうございました。

2018.10.01



敬老のお祝いに子供たち100人大集合!!

 暑さもようやく落ち着き、心配されていた雨も上がった午前10時。今年も元気いっぱいの笑顔で遊びに来てくれたのは、向南幼稚園の年中さん総勢100名!

 ステージに上がってちょっと緊張気味の子どもたちもいましたが、「何の色が好き」「大きな栗の木の下で」「さんぽ」の3曲を一生懸命歌ってくれました。歌の合間には、子どもたちからお客様に「何をしている時が楽しいですか?」などの質問が。「トランプをしている時」「歌を歌う時」と答えると、子どもたちもまさにトランプを覚えている真っ最中だったようで「わたしも〜」と歓声が上がりました。最後には、子どもたちが心を込めて作ってくれたレターラックをお一人お一人にプレゼントしてくれました。中には、プレゼントを手渡され感激して涙するお客様も。帰り際、子供たちとハイタッチ「ありがとう!また来てね!」と沢山の笑顔で見送りました。

向南幼稚園のみなさん、ありがとうございました。

2018.09.11



第四回「メゾフォルテ吹奏楽団」サマーコンサート

   心配された雨も丁度おさまり、今回で4度目ということもあり定刻には会場もお客様で満員。21名の楽団員がそれぞれに楽器を抱え勢揃いした姿に期待が膨らみます。先ずはスイングジャズのスタンダードナンバー「ムーンライト・セレーデ」。続く「ドレミの歌」は丁度今朝讃美歌の会で練習した曲です。編曲が小気味好くリズミカルで何ともお洒落。そして「オンリー・ユー」にうっとり。雄大に力強く、NHK大河ドラマ「西郷どん」のテーマ曲。素晴らしいアルトサックスの「バラード」、ユーフォニアムが活躍した「チャールダッシュ」。アンコールにメドレー。どの曲も若さとエネルギーに溢れ、タップリ聴かせてくれました。斉藤さまは「最高!アメリカのカーネギーホールにいるようでした。」と、皆様大満足の一時でした。来年も楽しみにお待ちしております。

 

2018.09.02



アプランドル花火大会

   8月17日「屋上で花火をします。よろしかったら今夜7時半屋上にお集まり下さーい!」とお声を掛けて回ると「ハーイ!」と23名のもお客様がアプランドルの屋上に集合。ちょっと強めでしたが気持ちいい爽やかな風が吹く中、色とりどりの花火に「まあ懐かしい!きれい!私初めてよ!」と。室長の子ども達もお手伝いし、花火に火を付け皆様に手渡し大活躍。手持ち花火や置き型花火を30分ほど楽しんだ後は、いよいよ「としまえん遊園地」の打ち上げ花火の番です。今年は7月末から8月末まで、毎週金土日曜日と3回、8分間の打ち上げ花火を見る事が出来ました。アプランドルの屋上はまさにその特等席!毎回趣向の違う花火に「ワーッ」と歓声が上がっていました。 

 

2018.08.17



落語会

   楽しげな出囃子とともに登場したのは、和服姿が粋な古今亭志ん吉さん。アプランドルご入居の池田ハル様のお孫さんです。今日はどんなお噺かと皆様興味津々。ボクシングの山根会長の話題から始まり、演目は「平林」と「青菜」。登場したのは、おどけた定吉と手紙の配達を頼んだ旦那さん、植木屋の女房、大工の熊さん。押し入れから真っ赤な顔をして飛び出す女房、自分の台詞まで言われてしまい慌てる植木屋、それぞれの人物が表情豊かに生き生きと掛け合う様子に、会場は何度も笑いに包まれました。そしてお客様は皆志し吉さんのファンに!8月31日には水天宮の日本橋劇場に出演とのこと、益々のご活躍を応援しています。

2018.08.05



第6回戸田和美と仲間たち

   今回で6回目の戸田和美さんのコンサート。この日の仲間、ヴォーカリスト野村佳乃子さんは、ジャズやシャンソンを歌う傍ら日本の唱歌も歌い、日本の歌を世界に届けたいとCDも出されたばかり。美しい高音と優しく温かい歌声が次々と繰り広げられました。曲目も、色々なジャンルから選び「見上げてごらん夜の星を」から始まり「旅情」「胸の振り子」「蘇州夜曲」「黄昏のビギン」「明るい表通りで」「浜辺の歌」「海」「バラ色の人生」等々。戸田さんも難しい「ティコティコ」を見事に聴かせて下さいました。皆様、よくご存じの懐かしい曲を一緒に楽しく歌われ、大満足。終演後、川村様の一言「私は楽しんでいただけじゃないのよ。どうやってソフトに聴かせるか勉強していたの」と、流石ですね。次回のコンサートも楽しみです。

2018.07.08



チャリティーコンサート

   梅雨はどこかへ行ってしまったような日差しが眩しいお天気の6月26日、アンハードノートピアノパラ委員会主催のチャリティーコンサートに、アプランドル向山ご入居の平均年齢90歳の女性コーラスグループ「コーロ・ベルタ」の皆様が出演されました。場所は東京表参道のカワイ楽器コンサートホール。黒のロングスカートに白いブラウス、胸に素敵なお花のコサージュをつけて登場。冒頭の川村様の大舞台にあってもウイットに富んだスピーチに笑いが起こり、観客の心はあっという間に「コーロ・ベルタ」のペースに。その後、年齢を感じさせない歌声に1曲1曲大きな拍手と歓声が上がっていました。

2018.7.2



ビタミンミュージックコンサート

   梅雨の中休み、外はドンヨリ曇り空ですが、シルバーヴィラのホールは、平井淳子さんの力強く延びのある美しい歌声と楽しいトーク、有賀さつきさんの素晴らしいピアノに皆様ぐんぐん引き込まれ、明るい笑顔で一杯になりました。普段コンサート素通りの男性も思わず足を止め聞き入り、最後の「トゥーランドット」”誰も寝てはならぬ”で最高潮となり、アンコールの「上を向いて歩こう」を大合唱。楽しいコンサートはお開きとなりました。別れ際、皆様口々に「楽しかった。是非又来てね!」と興奮気味に何度も声を掛けていらっしゃいました。

2018.6.17



アプアンドル屋上に武蔵野自然園登場!

 こちらの施設では、東京にもかかわらず敷地内を散歩すると驚くほど沢山の木々や草花に出会うことができます。毎日毎日それらは変化していきますので、お散歩は毎回わくわくです。

 そしてこの度、昆虫学者でいらっしゃる黒子様が、熱い想いでご提案くださった「武蔵野自然園」がアプランドル屋上に出来上がりました!35種類の植物を新たに移植し、ミニチュアですが皆様に武蔵野の面影を感じて頂けたらと思います。

 完成と同時に黒子様をはじめご自慢のカメラを持って楽しまれる方、ホオズキの実を見つけて喜ばれる方など、早速お客様のお楽しみスポットとなっております。もう少ししたらスズムシも放す予定です。どうぞお楽しみ下さい。

※屋上「武蔵野自然園」植物リスト



大塚優香「ソプラノ・コンサート」

   夏を思わせる5月27日、シルバーヴィラのホールは大塚優香さんのはち切れんばかり歌声で満たされました。楽しいお話を交え、お客様を巻き込んでの楽しい一時。佐藤様もマイクを握り一緒に威勢良く「お祭りマンボ」を熱唱。どの歌も豊かに感情が溢れまるでオペラの一場面を見ているよう。大塚さんからも、「今日は大先輩の前で歌うのでとても緊張しましたが、温かく迎えてくださり、歌う楽しさを一緒に感じられてとてもいい体験ができました。」と。お客様も「素晴らしかった!」「楽しかった」と大満足。また、いらしていただけるといいですね。

2018.5.29



柘植亜矢子「歌とピアノのコンサート」

  あいにくの空模様で皆様の出足がちょっと遅れましたが、間もなくホールは60名程のお客様で一杯になりました。今日は母の日、母にまつわる曲を弾き語りで次々に歌われ、その澄んだ歌声と優しいピアノの音色に引き込まれ、会場のあちらこちらから歌声が漏聞こえました。特別出演は高校一年生の三浦亜美さん、その精一杯の歌声に沢山の拍手が贈られました。そして「故郷」と「夏の思い出」を大合唱、皆様を巻き込んでのとても楽しい1時間はあっいう間に終演を迎えました。

2018.5.13



女声合唱団「コール・アネモネ」コンサート

   お揃いの黒の素敵なロングドレスで並ばれた皆様。第一声からシ ルバーヴィラのホールいっぱいに歌声が響き、お客様の気持ちをぐっと引き寄せました。時にアップテンポで力強く、時にささやくように優しく、体中に染み渡る立体的な響きにすっかり魅了されました。コーロベルタの坂本様は「若々しい歌声にとても良い刺激を受けました。」とのこと。お馴染み斉藤様の「アンコー ル!」に応え、会場の皆様と「花」の大合唱。楽しい一時間はあっという間に過ぎていきました。

2018.5.1



「貴方と春と音楽を!」

「貴方と春と音楽を!」

例年より10日も早く桜が満開の3月25日、シルバーヴィラのロビーが本格的なジャズミュージックに包まれました。ボーカル:進士紀美子様・ベース:中村政昭様・ドラム:新井浩幸様、そしてピアノの高島洋輔様はシルバーにご入居の小百合様の息子様。軽快な大人のサウンドに伸びやかな深みのあるボーカルが何とも素敵で皆様すっかり酔いしれました。楽しいコンサートが終わり小百合様はとびきりの笑顔に。お母様にとって息子様のご活躍は何よりのプレゼントですね。次回のコンサートを楽しみに致しております。

2018.4.2



お豆腐体験会

 こくのある日本産に甘みのあるカナダ産の豆乳をブレンドしにがりを加え、「ハイお手伝いお願いします。」と声がかかると、マエダ様が打ち合わせしたようにエプロンを取り出し皆ビックリ!丁寧に混ぜ、機械に流し待つこと30分。金色夜叉の寸劇やトークショーで会場が笑いに包まれているとお豆腐の優しい香りが食堂に広がってきました。「豆腐と水は旅をさせてはいけない」という言葉があるように、お豆腐はできたてが一番美味しいものです。温かいふっくらとしたお豆腐をまずは何もつけずに一口。その後は、お塩やポン酢、黒蜜などそれぞれ好みの味で頂きました。食後にもかかわらずその美味しさに2度3度おかわりする方も。皆様、心もお腹もいっぱいになったご様子でした。ボランティアに来て下さいました永山さん、奥野さん、川村さん本当に有り難うございました。

2018.3.16



シニアビジネスマーケット フォーラム2018

(シニアビジネス・イノベーション)

2018年2月23日開催予定。

 「パネルディスカッション」15:00-17:00

 介護保険制度に振り回されない事業の構築、採るべき戦略とは?

社長岩城隆就が、パネリストとして参加いたします。

 

2018.2.19



クリスマスディナーパーティー

12月19日(火)クリスマスディナーパーティーが行われました。星野シェフが腕によりを掛けた鮪と鯛のオードブルには食べられる蘭がお洒落に添えられ、トリフ風味のパスタ、メインは5時間かけて煮込んだ豚肉のフルーツソースかけ、ヨーグルトババロアネーブルソースのデザートに皆様の顔がほころびました。

その後はお客様による謡曲、歌、ハーモニカ演奏、コーラス、皆様が声援と拍手で応援、古木様の独奏、高松先生の独唱、ヘルパーさんのフラダンス、讃美歌の会の方々のミュージックベル、そしてクラッカーを鳴らしながらのビンゴゲームと続き、最後に全員で「きよしこの夜」の大合唱、3時間近くがあっという間に過ぎ、「楽しかった!!」のお声を沢山頂きお開きとなりました。

2017.12.25



バザー

毎年恒例のバザーが今年も開催されました。開始前からご近所の方々の長蛇の列ができました。ご入居のお客様も負けず張り切り、開始と同時にどの売り場も大賑わい。厨房スタッフがこの日のためにと用意した自慢の焼きそばや焼き鳥も、ほんの1時間ほどで完売となり今年も大成功となりました。

毎年バザーでの売り上げは、全て災害時の非常食「救缶鳥」の購入代として使われます。こちらの「救缶鳥」とは防腐剤を使わずとも3年間保存してくれる優れたパンの缶詰のことです。またもし2年間使用しなかった場合は、賞味期限1年を残し日本国際飢餓対策機構を通じて義援先の国々へ届けられる仕組みになっております。すでに以前送った缶詰も義援先に無事届けられ、夏に感謝状を頂きました。品物をご提供くださった皆様のご厚意が世界にも届いております。本当に有難うございました。

              2017.10.1



9月のイベント♪

 「本当にここがいつもの施設!」とビックリされることも多々ある毎月開催されるコンサートやイベントですが、今回は9月に行われた催し物のご紹介です。

 九月はじめの週末、二日間に渡り八幡神社例大祭が行われ、休憩所となっているシルバーヴィラ本館前にお神輿がきました。30度に届きそうな暑さだったにも関わらず、 太鼓の音に合わせて大人から子どもまで大勢の人がお神輿を担ぎ登場しました。 子供達はお揃いのハッピと手ぬぐいを身につけ「わっしょい」と元気よく子ども神輿を担いでいました。 お客様も沿道で掛け声をかけたり、手を振ったりし一緒になって お祭りの雰囲気を楽しみました。 

 そして12日には、毎年恒例、向南幼稚園の年中さん89名がステキな歌のプレゼントも持って遊びに来てくれました。あいにくの小雨降る天気でしたが、カラフルな長靴と色とりどりの傘をさし、天気なんか感じさせない笑顔に周りもパーっと明るくなりました。

  歌の合間には子どもたちからお客様に「普段何をしていますか?」「アイスは何味が好きですか?」などの質問もあり、お客様が「オセロや体操をしていますよ」や「アイスはチョコ味が好き」と答えると、子どもたちからは「同じだー」と歓声が上がりました。最後には子どもたちが一生懸命手作りしてくれた小物入れをお客様一人一人に手渡してくれました。向南幼稚園のみなさんありがとうございました。

24日にはバザーもございます!ぜひ遊びにいらしてください。

2017.9.12



夏の音楽祭

 この夏は音楽祭が2度も開催されました!

 まずは8月27日の夏の音楽会。不安定な夏の晴れ間、待ちに待った「夏の音楽会」が行われました。コーロベルタ他出演される方々は毎晩毎晩練習に励みこの日に臨まれました。今回は新たに「テントウムシクラブ」が誕生。ハーモニカと歌、男性3名含む8名のグルーブです。ハーモニカの素晴らしい音色、それに負けない素敵な歌声を披露して下さいました。最後に会場の皆様と一緒に合唱し楽しい一時が幕を閉じました。

 そして陽射しは強いものの吹く風に秋を感じる9月3日、今年もメゾフォルテ吹奏楽団20名の迫力満点の素晴らしコンサートが行われました。壮大なNHK大河ドラマ主題歌「天虎」をはじめ、日本人作曲家による曲が集められ、お客様からは額に汗し力一杯演奏された団員の皆様に「ブラボー!来年も又来てね!」と惜しみない拍手が贈られました。

2017.9.3



優良申告法人として表敬を受けました

 管轄の練馬東税務署より優良申告法人として表敬を受けました。平成六年より、今回で5回目の表敬となります。

これまでの税務監査において適正申告が評価された次第です。

これからも社会のために貢献を続ける所存です。

2017.5.24



いつものお散歩道

 今年も桜の季節となりました。こちらでは暖かい日差しに包まれ、閑静な住宅街のあちらこちらから桜が身を乗り出し手を振ってくれます。お散歩されるお客様も自然と笑顔になれるステキなひと時です。

2017.4.6